親にATMの使い方を教えたくても教えられなくて困る話

3月 11, 2014 · Posted in 未分類 

最近のコンビニはATMが進化してきて、いろんな銀行を利用できるようになりました。近くにコンビニもあるし、親が利用できると便利だろうと思うのですが…ここで困ることが一つあります。

使い方、教えたくても教えならないのです。

なぜかというと、ATMの画面が読みにくいからなのです。親はすでに70近い年齢で、メガネをかけても、文字を見るのはけっこう辛いみたいです。特に父親は目の病気をしたことがあるため、ATMの画面が暗くて読めないと言います。

テレビでも、暗い画面は最近見えないと。洋画は画面が暗いことが多いから、物の見分けがつかないと言います。

ATMの画面は特に暗いと思わないけれど…それは私の感覚。目が衰えた親にとっては、画面が暗くて見づらいのですね。文字も「親にとっては」小さくて読めないから、画面に近づいて必死に見ないといけなかったりするのです。

おかげで、ATMの使い道で役立つものがあっても、親になかなか使い方を教えられないのが困りものです。携帯みたいに、デカ文字モードとかあったら使いやすくなるんでしょうかね。画面の明るさ調整とかできるATMがあったら、便利かもしれないと思うのでした。

Comments

Comments are closed.